七五三等着物姿に必要なものは着物だけじゃないのだ。
着物には帯締めや帯揚げ、草履等多種多様な和装小物が必要である。

・帯枕
帯揚げで帯枕を包み、帯が下がる等のくずれを防ぎ、帯の形をアレンジする。
帯枕は、芯にスポンジ、へちま、綿等を用い、布で巻いて造られている。

・帯揚げ
帯枕を包み、胸元で締める。
帯の重さを加減し、帯の形をアレンジする。
現状では、装飾的な目的が大幅に為ってる。
生地には縮緬(表面にシワが在り、ちりめん状になった生地)、綸子(りんず)、羽二重等が在り、ぼかし絞り、小紋染め(ちっぽけな模様を全体に染めたもの)等の種類が有る。

・帯締め
連結した帯を押さえる為に用いられており、装飾的な目的も有る。
綿を芯にして、綸子や羽二重等の生地を棒状にした帯締めと、糸を編んだような組紐(くみひも)が有る。
組紐には、丸組と平組が有る。

・腰紐
着物や長襦袢の丈を決定させて、それをキープするため腰の部分を腰紐で締める。
すべりにくく、色が落ちない生地が適当で、木綿よりもきめ細かいモスがおおく用いられている。

・伊達締め
長襦袢と着物の胸元をアレンジして、胸元のくずれを防ぐ為に用いれる。

・帯枕
前板とも云われる。
帯の前の部分にしわが入らないよう、帯をアレンジする為に用いれる。

・草履
一般的に草履は着物の格に拠って高さが変わり、礼装には高めのもの、普段着や喪服のケースの場合には低めの草履を履くるのだ。

こういった具合に着物には多種多様な和装小物が必要となる。
七五三で着物を用意する際には、このような小物も失念しないように準備すべきだろう。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ