七五三等の女の子や女性の着物姿には、多種多様な美しい髪飾りが途方もなく似合う。
和装での髪飾りで使用されるかんざしにかんして解説する。

・つまみかんざし
薄い絹の生地を小さく裁断し、竹製のピンセットでつまんで折りたたみ、糊をつけ、土台につけていき、花や蝶の形を表現し、これを纏めて(まとめて)かんざしの形にしたものである。

・花かんざし
舞妓さんのさしている、下に示す様に、殊更に花をあしらった月ごとに変わる華やかなかんざしである。
正月:稲穂と鳩
1月:松竹梅
2月:梅
3月:菜の花・桃
4月:桜
5月:藤・あやめ
6月:柳・あじさい
7月:祇園祭
8月:薄(すすき)・朝顔
9月:桔梗
10月:菊
11月:もみじ・いちょう
12月:顔見世招き

・錺(かざり)かんざし
下絵を貼り付けた金属を糸ノコで切り、ヤスリ掛け、彫り、打ち出し、ロウ付け(溶接)、磨き、メッキ仕上げ等の工程に技巧を凝らしてつくり上げるかんざしである。
細工のモチーフは、花や蝶、鳥等動植物がおおく、粋なものや洒落たもの、縁起を担ぐもの等が有る。

・玉かんざし
柄に丸い飾りのついたかんざしである。
とんぼ玉(色模様のついた穴のオープンしたガラスの丸玉)のついた玉かんざしもおおく販売されている。

こういった具合に、七五三ではかんざしが女の子や女性の髪を美しく飾る。
かんざしの種類は上に挙げたものだけでなく、多種多様な種類が有る。
是が非でも、七五三には着物に合った素敵なかんざしを選定して、和装を興じるべきだ。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ