七五三で着物を身に付けるケースの場合、足袋や下着等が必要な為、慣れないと着用はたいへのである。
着物を身に付ける順序と、どのようなものを身に付けるのかを気付いておこう。

和装では、着物は手直しがしやすいよう足元から上へと着用していくのだ。
足袋→裾除け→肌襦袢→修正(タオル等使用してアレンジする)→長襦袢→着物→帯の順番となる。

・足袋
着物は白い足袋を着用する。
足に合ったサイズを履いて、足袋にシワやたるみのない足元に成るよう、心がけよう。

・裾除け
洋服で使用するペチコートに当たるものである。
着物や長襦袢の汚れ・痛みを防ぐ。
生地は足さばきのよい、絹やアセテート、キュプラ、ナイロン等が用いれる。
スカート状になったものは着物と同じ打ち合わせにして、長襦袢より2から3cm短くなるように着用する。

・肌襦袢
着物に合わせて衿をくのである。
前は長襦袢から、はみ出さないよう浅めに打ち合わせる。
直接肌に接触する下着な為、さらし、ガーゼ等の木綿の生地が肌襦袢には適している。

・長襦袢
肌襦袢の衿がみえないように長襦袢を身に付ける。
長襦袢の衿には絶対に半衿をつける。
半衿とは、たびたび洗濯の出きない長襦袢につける衿の汚れ防止用の布で、長襦袢の衿に大きな縫い目で縫い付け、付け替える。
半襟は殆どが白であるが、お洒落の要素も大幅になり、色のついたもの、模様のあるもの等多種多様な半襟も有る。

七五三での着物選びを通じて、是が非でも着物に興味をもって欲しい。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ