七五三で7歳の女の子の着物で用いる袋帯、中幅帯等、帯にかんしても気付いておこう。

・袋帯
袋帯は正礼装の着物(留袖、振袖等)や準礼装の着物(訪問着、付け下げ等)におおく用いられている。
現状、礼装用の帯の殆どは袋帯に為ってる。
表面だけに模様が在り、はじめから袋状に織られたものと、表と裏を袋状に縫い合わせたものが有る。
袋帯は二重太鼓にして着付ける。
模様は全通(全体に模様がある)、六通(全体の6割に模様がある)である。
七五三でもおおく用いられている帯である。

・丸帯
帯の中では1番格が上で、表・裏に模様がほどこされた豪華な帯である。
花嫁衣裳や正礼装の着物(留袖、振袖等)に用いれるが、途方もなく高価であるため現状、正礼装には袋帯がおおく用いられるようになった。

・しゃれ袋
袋帯の一種であるが、模様は六通、お太鼓柄(帯のお太鼓の部分と、身に付けた時のお腹の部分にだけ模様がある)で、訪問着や小紋、大島紬に用いられる略式の帯である。

・中幅帯
七五三の祝帯と、打掛の下につける掛下帯が有る。
祝帯は金糸、銀糸を用いた丸帯仕立ての格調高く豪華な帯である。

・名古屋帯
帯に応じて礼装から普段着の着物まで幅広く用いれる。
着付け時は一重のお太鼓にして連結する。
九寸や九寸名古屋帯とも呼称されている。

・袋名古屋帯
八寸名古屋帯、かがり名古屋帯とも呼称される。
略式の帯で、小紋や紬の着物に用いられ、一重のお太鼓で連結する。

・夏帯
正礼装、準礼装で、夏に用いられる帯を指する。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ