七五三で母親が身に付ける着物は、模様付けに拠っても格がちがってくるのだ。
模様付けのちがいをここでは解説する。

・絵羽模様
絵羽模様とは、格の高い模様付け1つで、格の高い留袖、振袖、色留袖、訪問着等に用いれる。
模様が縫い目で切れないように生地を裁断・仮仕立てをしてから模様付けをする。
絵羽模様は、模様の部分により総模様、裾模様、肩裾模様が有る。

総模様は、打ち掛けや振袖にみられる着物全体に拡大する模様で、途方もなく華やかな模様である。

裾模様は、着物の裾に模様が在り、留袖、色留袖に用いれる。
裾模様は江戸褄模様とも呼称される。
江戸褄(えどづま)模様は、裾模様の部分により、江戸褄模様・江戸褄両褄模様・大江戸褄模様・江戸褄腰高模様・片褄模様・褄模様が在り、江戸妻模様は着物の上前の前身頃ごろと褄(つま)に模様が有る。
褄とは着物の衽(おくみ)の事で、前身ごろに縫い付ける18cmくらいの布を指する。

肩裾模様は、肩と裾に模様が在り、訪問着に用いられている。

・付け下げ模様
付け下げは、反物の状態で着物の各部の部分をあらかじめ決定させてその部分に墨付けをし、模様が上向きに成るよう模様付けする。
これが、付け下げ模様と呼称される。

・着尺模様
着尺とは、大人用の着物を1枚仕立てるのに必要な長さ(11.4m)の和服地の事である。
着尺模様は、この着尺地全体に、端から端まで小花柄、扇面、縞等の模様が連続して配置され、小紋等に用いれる。
絵羽模様や付け下げ模様に比べ、格式ばらずに着用出きる。

七五三を通じて、着物にかんする多種多様な知識を得てもっと着物に親しみを持とう。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ