七五三での、母親の着物の正装は留袖や訪問着である。
ここでは、着物の格や種類にかんして解説すべきだろう。

着物の格は、まず大幅に分けると、礼装と礼装以外の着物とに分類される。
更に礼装は、正礼装・準礼装・略礼装に分ける事が出きる。
正礼装には、祝儀と不祝儀の着物が在り、祝儀の正礼装は、黒留袖・本振袖・色留袖、不祝儀の正礼装は喪服である。
正礼装には染め抜きの5つ紋が入る。

黒留袖は女性既婚者の正礼装である。
黒留袖は、模様が裾の部分に褄(すま)から後ろ身ごろにかけてある事から、江戸褄(えどずま)や裾模様とも呼称される。

本振袖は未婚者の正礼装で、結婚式や披露宴での花嫁衣裳である。

色留袖は、黒以外の裾模様の留袖である。
染め抜き日向5つ紋を入れた色留袖は正礼装となり、格式のあるパーティー等に身に付けて足を運ぶ事が出きる。

準礼装には、振袖・色留袖・訪問着・付け下げ・色無地が有る。
略礼装の着物には付け下げ・色無地・江戸小紋等が有る。

準礼装の色留袖は3つ紋や1つ紋が入ったものである。

振袖は1つ紋を入れるが、近頃は紋の有無は問われないようになった。

訪問着は、留袖や振袖の次に格の高い準礼装の着物で、結婚式等多種多様な場で着用出きるべんりな着物である。
訪問着は模様が縫い目で切れないように(絵羽)模様付けされている。

付け下げは片山に向かって上向きに成るよう模様付けされている。
訪問着に比較すると模様が少なく、気楽な社交着として着用する事が出きる。
近頃、訪問着より安価で華やかな付け下げ訪問着もおおく着用されている。

準礼装としての色無地は3つ紋を入れる。
略礼装としての色無地は1つ紋である。

江戸小紋は1つ紋を入れると略礼装に成る。

七五三の母親の着物は、付け下げや色無地、江戸小紋等でも構わない。
子供の装いに合ったものを選び、参拝に出かけよう。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ