毎年、七五三には相当の子供を連れた家族連れで神社はにぎわいる。
しかしながら、少子化の影響で毎年、七五三での神社への参拝する人が減少してきている。
日本の少子化の現状は、どう為ってるのだろうか。

2006年の日本の3歳児は111万9千人、そのうち男の子は57万4千人、女の子54万5千人である。
同じく2006年の5歳児は116万7千人、男の子59万9千人、女の子56万8千人。
7歳児は118万2千人、男の子60万6千人、女の子57万6千人。
こういった具合に、子供の数は年を追うごとに減少しているのである。

2007年の合計特殊出生率は1.34で、2005年は1.26、2006年は1.32と出生率は上がってる。
しかしながら、出産世代の女性が消耗している事から出産数は減少しており、2007年の出産数は108万9,745人で、前年に比べ2,929人消耗している。
婚姻数も消耗しており、そして男女とも初婚の年齢がアップしている。
2007年の初婚年齢は男性30.1歳、女性28.3歳で、晩婚化が進み、一層少子化が進む原因の1つと為ってる。

少子化の原因にかんしては、教育費の高騰、子育て中の母親への負担が大きい事、若者の失業者、フリーター、ニートの増加により経済的懸念定により結婚が出きない事等が挙げれる。
教育費は1人当たり公立・私立に拠ってちがいは有るが約1,400万円から約2,000万円、大学まで行かせたケースの場合にかかっており、これが生活への負担と為ってる。
また、結婚や出産にかんする価値観も変化しており、それも少子化への原因と為ってる。

こういった具合に、日本は少子化へと進んでいるのである。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ