七五三の着物には美しい試行錯誤を凝らした刺繍がほどこされている着物がおおく有る。
着物の刺繍の種類には、地域に拠って下記のような種類が有る。

・京繍(ぬい)
平安京が造られた時、刺繍の職人をかかえる縫部司(ぬいべのつかさ)が京都に置かれたのが始まりと云われる。
平安時代には十二単を初めとする着物や武具等に使われ、現状では着物だけでなく、祭礼品、額等多種多様な使い道にも用いられている。
京繍の技法は約30種類有る。
このうち伝統的工芸品として指定されているのは15種類である。

・加賀繍
室町時代初期、装飾の技法として京都から伝えられ、其の後、独自の発展をした。
絹糸や金糸、銀糸を巧みに使い、立体感のある図柄を浮かび上がらせる技法に特徴点が有る。

・江戸繍
日本の伝統的刺繍の1つである。
安土桃山時代に上方から江戸に伝達されて、それ以降武家社会を中心に発展した。
歌舞伎衣装や力士の化粧回し等が江戸時代中期以降、盛んに造られるようになって大幅に発展した。

刺繍は技法に拠っても多種多様な種類に分類される。

・菅繍(すがぬい)
縮緬類等におおく用いられる縫い方である。
下地の経糸に沿って布目を飛ばしながら線をいれる方法である。

・平繍(ひらぬい)
横もしくは縦に広い面を平らに、糸と糸との間隔をあけず隙間なく縫う刺し方。

・相良繍(さがらぬい)
布の表面に結び玉を作成して縫う方法で、いぼ繍、こぶ繍とも云う。

七五三等の着物には、こういった具合に多種多様な技法がほどこされて、より美しいものに為ってるのである。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ