七五三では、各地の神社で綺麗に着飾った子供達をおおく見掛ける。
着物には、美しい柄や絵等が染められている。
着物を染める方法の種類の1つに友禅染が有る。

友禅染は元禄時代に宮崎友禅斎が創始したと云われる。
多彩で優美な趣のある模様である。
友禅染には、京友禅と加賀友禅が有る。

・京友禅
京都の友禅染の事で、世界的にもよく認識されている。
各工程を1つ1つ手仕事で実践する手描き友禅と、型紙を使い、型の上から色糊を置いて、相当の製作が出きる型友禅が有る。
紅や金等を使い華麗で色彩豊かな御所車(ごしょぐるま)等の模様染が特長である。
墨や青花で構図を描く、糊置きをしての色の堰止め、筆で色を挿す、刺繍、金銀砂粉・箔等を施す、と云う技術等が集約されて現状の手描き友禅の基となった。
明治時代には化学染料が使用されるようになり、廣瀬治助翁に拠って型紙により友禅模様を写し取る写し友禅染めが発明され、現状の型友禅へと発展した。

・加賀友禅
宮崎友禅斎が晩年に金沢に居住した事より、友禅染が加賀の金沢に発達したものである。
絵画調の写実的な草花模様を中心とした柄が特長である。
配色は紅系統を生かした多彩調で、ぼかしが巧みに使用されている。
外が濃く、内に足を運ぶほど淡くぼかす「先ぼかし」が超有名である。
加賀友禅は、刺繍等の装飾は殆ど行われず、染めで仕上げられるのが特徴点である。

七五三で女の子が身に付けている美しい友禅の着物には、このような歴史や技術が伝達できているのである。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ