七五三に男の子の着物への紋入れの方法は染め抜きである。
紋入れには、他にも多種多様な種類が有る。
ここでは、その紋入れの種類を案内する。

・染め抜き
紋入れの方法の中では、1番格上となるものである。
紋を白く染め抜くるのだ。
更に染め抜きには、日向(ひなた)紋と陰(かげ)紋、中陰紋が在り、日向紋が格上である。
日向紋は陽紋、表紋とも呼称される。
陰紋は紋の輪郭だけを白く染め抜いた為、日向紋よりも略式となる。
中陰紋は、陰紋よりも太い線で染め抜かれ、日向紋と陰紋を組み合わせた紋である。

・縫い紋(刺繍紋)
染め抜きよりも略式の紋である。
訪問着や付け下げ、色無地の着物に用いれる。
糸を使用して紋を表現する。
まつり繍、菅繍(すがぬい)、相良繍(さがらぬい)、芥子繍(けしぬい)、加賀繍等多種多様な刺繍の技法で表する。
糸の色にきまりはないのだ。

・張付紋
着物と同じ素材にあらかじめ紋を染めておき、アップリケと同じ要領で張付ける紋である。
貸衣装等で用いれる。
切り付け紋とも云われる。

・石持(こくもち)
紋の部分があらかじめ白い丸で染め抜いて有る。
後で紋を入れやすくするためである。
デパート等で販売されている留袖等にみられる。

こういった具合に、紋入れの方法1つを観ても、着物には多種多様な技法がほどこされている事が把握出きる。
七五三の着物選びをきっかけに、着物にかんしてもっと知識を深めて、着物に親しみをもつきっかけに成ると良いとおもう。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ