七五三の男の子の着物は、羽二重(はぶたえ)の熨斗目(のしめ)模様である。
この「羽二重」と「熨斗目模様」とは何だろうか。

羽二重(はぶたえ)は、平絹(へいけん)とも云われる。
撚(よ)りをかけない生糸で織られていて、平らでなめらかな絹織物である。
羽のようにふわっとしてやわらかい風合いものである。
製織の時、筬(おさ)の一羽に経糸(=縦糸)2本を通する。
羽二重は厚手のものは男性の着物や留袖に、薄手のものは裏地等におおく用いられている。
福井は昼と夜の温度差が少なく、絹織物製織には好条件の地域で、福井で造られる羽二重は最上の絹織物であると云われている。

熨斗目模様(のしめもよう)とは、染め織りにかかわらず、袖の下部と腰のあたりの横一文字につけられた幅の広い模様の事である。
お宮参りの祝着や5歳の男の子の七五三の着物に用いられている。
また、お宮参りの祝い着を、熨斗目ともよぶ。
男の子の熨斗目には、兜、鷹等絢爛豪華な柄が描かれる。
女の子の熨斗目は、手毬や小鼓が花で囲まれている等、華やかな柄が描かれている。

着物には、羽二重や熨斗目だけでなく多種多様な織り方や模様が有る。
着物の模様は相当の美しいものが在り、また着物に拠って模様の部分も変わる。
七五三の華やかで伝統的な着物姿は途方もなく心がなごみたいと思う。
七五三の着物選びを通じて、着物に関心を持ち、日本人としてもっと着物を肝心にする気持ちを持ちたいものである。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ