七五三の着物を用意する時に、一つ身や被布等、聞きなれない言葉がでてくるのだ。
ここでは、子供用の着物の裁ち方にかんして解説すべきだろう。

子供の着物は発達に応じ裁ち方が有る。
一つ身、二つ身、三つ身、四つ身...と発達するにつれ、裁ち方が変わり、数字が大幅に成る。
七五三用の着物は、一つ身、三つ身、四つ身を考慮すると良いだろう。

・一つ身
赤ちゃんから2、3歳まで身に付ける事が出きる着物である。
後ろ身ごろが並巾(なみはば)で裁つ事が出きる為、背中に背縫いがないのだ。
その事から、一つ身と呼称される。
着物は背縫いに拠って身を守る為、背縫いがないのは縁起が悪いと云われていた。
一つ身に背守りや背紋をつけるのは背縫いがないためである。
背守りとは、着物の背後を糸で縫って魔よけとした為、地域に拠って多種多様な縫い方が有る。
並巾とは、反物の巾の長さの事で、並巾は36cm、尺貫法で9寸5分となる。
これ以外に、広巾(72cm、1尺9寸)、キングサイズ(42cm、1尺1分)が有る。
日本人の体格が大幅になった事からキングサイズが出きた。

・二つ身
二つ身から背縫いが有る。
背縫いを作ろうとして出きた裁ち方である。

・三つ身
3歳から5歳くらいまでの子供向きの裁ち方である。
三つ身とは、袖と衿を除き、身丈の3倍あれば出きると云う意味である。

・四つ身
5歳から6歳ころの子供の着物である。

・六つ身
大人と同じ裁ち方に成る。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ