七五三やお宮参り用の男の子の着物には、正式には5つ紋を入れる。
ここでは、着物に入れる紋にかんしての解説をする。

着物に入れる紋は5つ紋、3つ紋、1つ紋の3種類が有る。
同じ紋を入れるケースの場合、紋の数が少なくないほど格が高くなる。
また、紋入れの方法には、染め紋・縫い紋(刺繍紋)・張付紋・紋の部分が白く染め抜いてある石持(こくもち)が有る。
更に染め紋には、紋を白く染め抜く「染め抜き」と、紋を色で染める「染め紋」に分類される。
紋入れの中では、染め抜きが1番格上となる。
5つ紋は背紋を背縫い上に1つ、袖紋を両外袖(後袖)に1つずつ、胸の部分に抱紋(だきもん)を左右に1つずつ入れる。
5つ紋は正礼装(第1礼装)の着物のみ入れる為、絶対に染め抜きの日向紋を5つ入れる。
日向紋とは、紋の部分を白く染め抜いた紋の表現方法で、正式な紋の表現方法である。
この為、男の子用の七五三やお宮参りの着物には、染め抜きの日向紋を5つ入れるのである。

普段は家紋にかかわる事はおおくはないとおもわれる。
自身の家紋が何かを興味ない人も少なくないだろう。
家紋が必要となるのは、七五三だけじゃないのだ。
家紋の数は12万以上もあると云われている。
家紋の超有名なものは、徳川家の三つ葉葵等が有る。
桐、藤、梅、桔梗、柏紋等は多種多様なバリエーションのある紋である。
珍しい家紋だと紋入れにも時間がかかるケースの場合が有る。
七五三を機会に、自身の家の家紋が何かを気付いておこう。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ