七五三は子供が7歳・5歳・3歳になった節目に、健康と長寿を願い、お祝いする行事である。
相当の人が、子供を連れて神社にお参りに出掛ける。
ところで、神社のお参りの作法を御存知だろうか?
七五三のお参りの作法は一般と同じである。
ここでは正式な神社の参拝の作法を記述しておくるのだ。

1.入り口の鳥居前で一礼してから鳥居をくぐる。

2.手水舎(てみずや、ちょうずや)で、柄杓(ひしゃく)を右手に持ち、その柄杓で左手に水をかけて清める。
次に柄杓を左手に持ち替え、右手に水をかける。
もう1度、右手に柄杓を持ち替え、左の手のひらで水を受け、その水で口をすすぐ。
柄杓から直接口をすすがないようにして欲しい。
左のてのひらを清め、最後に柄杓を垂直に立て、柄杓の柄の部分を洗浄する。

3.社殿では鈴があれば、鈴を鳴らする。
賽銭箱にお賽銭を入れ、二拝二拍手一拝の作法で参拝する。
神様に敬意を払い、腰を90度に折り、2回お辞儀をする。
次に、胸の前で2回拍手をする。
最後に1回お辞儀をする。
これで二拝二拍手一拝となる。
地方に拠っては、この二拝二拍手一拝がちがう為、その土地の作法に合わせよう。
願掛けのケースの場合は、二拝の後、自身の住所・氏名を云ってから二拍手一拝となる。

二拝二拍手一拝では、後から来る参拝者の邪魔にならないように気を付けよう。
正式な参拝方法を気付いて、七五三のお参りをはじめ、これから神社を参拝する際の参照事項として欲しい。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ