お宮参りで身に付ける祝い着(初着)は、仕立て直して七五三で身に付ける事が出きる。
女の子なら3歳で、男の子なら5歳で身に付ける事が出きるのである。

お宮参りは赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな発達を願を掛ける行事である。
生後1ヶ月ごろ、赤ちゃんが誕生して初めて産土神(うぶすながみ)様に参拝する行事で、産土神とは誕生した土地の守り神である。
男の子は父方の実家の家紋、五ツ紋を入れた鷹や鶴等のおめでたい絵柄の「熨斗目模様」の着物である。
女の子のケースの場合は紋を入れず、友禅模様の祝い着が正式なものである。
赤ちゃんは父方の祖母が抱くるのだ。
出産した母親の体を気遣う意味もあると云われている。
祝い着の紐は赤ちゃんを抱いている人の後ろでガッツリ連結する。
その紐にお守りやでんでん太鼓等をぶらさげる地域も有る。

この祝い着を肩上げ、腰上げして仕立て直し、必要な被布や草履を買い付ける事となる。
自身で仕立て直しが出きない人、周りに仕立て直し出きる人がいないケースの場合には、お宮参り用祝い着を買い付けた店等で仕立て直しが出きる。
七五三は混む為、仕立て直しを頼むケースの場合は早目に注文しておこう。
また、近頃は祝い着は5歳くらいまで着られるように、仕立上がり(下着つき)の一つ身の着物がおおく為ってる。
このケースの場合は男の子だと、七五三の時、祝い着はそのままで袴を着用、女の子は袖を丸く仕立て直する。

こういった具合に、お宮参り用の祝い着を作成する時に七五三のお祝いで身に付ける事も考慮して準備しておくと良いだろう。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ