省エネ住宅と云う考えの普及に伴い、電化製品等でも省エネ型製品が求められるように成った。

近年では電化製品や石油機器が普及しエネルギー消費量が増大する他方、技術の成長により省エネ性能の高いものが開発されるように為ってる。


そこで2000年8月には消費者が「省エネ型製品」を買い付ける水準として「省エネラベリング制度」がJIS規格として制定された。


省エネラベリング制度とは電気や石油等のエネルギー消費機器の省エネ性能を表示したものである。

そして消費者が店頭で製品の買い付ける際、多機種との比較吟味の材料として活用する事を目的としている。


省エネラベルには4つの情報が示されている。


一つ目は省エネ基準の達成を示す「省エネ性マーク」である。

オレンジ色のマークは基準を達成していない製品、緑色のマークは基準を達成した製品で、省エネ効果の高い製品と云う事に成る。


二つ目は製品の省エネ基準の達成率を%で表した「省エネ基準達成率」を表示している。

この達成率が高いほど省エネ性能に優れている事に成る。


三つ目には省エネ基準の達成を目指す時期を「目標年度」として表示している。


四つ目には製品の「エネルギー消費量」を数値で表示している。


現状ではエアコン、冷蔵庫、テレビ等16品目が対象に為ってる。


省エネ性能が高い製品は消費エネルギーが多くはないだけではなく、光熱費を制御する事が出きる製品でも有る。


省エネ住宅では生活用品にも配慮をして、環境や家計に優しいものを選定する事が望まれる。



カテゴリ
タグ