省エネ住宅は断熱性と同時に気密性が重要視されている。


住宅ではどんなに閉め切っていてもドアや窓、壁や天井、床等の部材間には隙間が生じている。

この隙間の多少を気密性といい、気密性の高い住宅ほど隙間が多くはない住宅だと云う事に成る。


ガッツリ断熱対策をしていても、少しの隙間から熱気や寒気が入り込み室温に影響をおよぼすものである。

殊更に冬には隙間からの冷気は暖房効果を下げるため、エネルギー消費量が増大する。

北海道等寒冷地から機密性の高い住宅が成長していったのはその為だと考慮される。


現代では夏も冷房の使用が増え、隙間から冷房の冷気が外へ漏出してしまい冷房効果を下げてしまう。

つまり気密性の高い住宅は冷暖房の効率がよく省エネだと云える。


気密性を高めるには断熱、気密性の高い高気密サッシを用いたり、断熱材と同時に気密シートを張る方法が効果的である。


近年では気密性が高まる事に拠って問題も生じている。

それは室内空気の問題である。


隙間の少なくない昔の家では、少々汚れた空気があっても自然に外へ漏出していった。

しかし高気密住宅では汚れた空気は室内に留まる。

それは汚れた空気の中の有害物質も一緒に室内に留まる事に成るのである。


そこで有害物質や汚れた空気を排除する為に換気が必要となる。


換気は高気密であるほど適切に効果を発揮する。

換気は汚れた空気を排除して新鮮な空気を確保するのみでなく、室内の燃焼器具に必要な酸素を確保する等多種多様任務を果たする。


気密性の高い省エネ住宅では、住宅を設計する段階でガッツリ換気計画をたてる事が望まれる。





[PR]
  • 三井住友ダイレクトの自動車保険、バイク保険
  • 保健所の健康診断と診断書・価格・料金
  • メタボリック検診の義務化と料金・罰則・罰金
  • 喉頭がんの生存率、治療、手術、術後
  • 妊娠糖尿病の原因と症状、予防と治療法

  • カテゴリ
    タグ