七五三の記念に写真を撮る人は少なくないだろう。
写真を自身で撮る方法、プロにまかせる方法が有るが、記念に残るような素敵な写真を撮るにはどうしたら良いだろうか。

七五三の着物での写真撮影では、子供は着物が窮屈で泣いてしまう事もある為、七五三当日にこだわらず別の日に撮影する家族も少なくないようである。
七五三当日の参拝前に撮影を済ませてしまう家族もいる。
写真館では、着物レンタルや着付け、ヘアメイク、着物のクリーニング等をサービスやパックにしている所が有る。
価格や立地等を考慮して、子供が負担にならないように考慮して選ぼう。
七五三の子供の写真を割引で年賀状印刷出きるサービスをつけている写真館も有る。
かわいい我が子の写真を年賀状に使用しようとおもってるケースの場合には、べんりなサービスである。

自身で写真を撮るケースの場合、プロに頼むのとちがい、どんな時であっても写真を撮れるのが良いところである。
かしこまったポーズを撮ろうとしても、子供はなかなかどうしてじっとしてくれない。
殊更に下の子供がいるケースの場合は難しくなる。
普段とはちがう雰囲気や、着慣れない着物を身に付けて子供も緊張して、上手くポーズがとれないケースの場合も考慮される。
このような時は、ふと現れる何気ない自然なしぐさを撮るのも記念に残るだろう。
親だからこそ撮れる、いきいきとした笑顔の子供の姿を見逃さず、たくさん写真を撮って残してあげよう。
撮る人も緊張せず、笑顔で撮る事も忘れずに。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ