七五三のお祝いで神社へお参りに行き、ご祈祷を受けるケースの場合、絶対に事前に予約が必要か問い合わせよう。
神社への謝礼は、蝶結びの水引ののし袋に入れて用意する。
表書きは「御初穂料」「御玉串料」「御礼」で、下段には、子供の名まえをフルネームで記述するのが一般的である。
金額は、神社に拠っては料金を設定している為、絶対に前もって確認しておこう。
ホームページで料金を案内しているケースの場合も有る。
個人で参拝するケースの場合の金額は、3,000円から10,000円くらいが相場と為ってるようである。
七五三のご祈祷は、神社に拠っては期間が決定しているケースの場合が有る。
絶対に、事前に確認しておいて欲しい。

七五三のご祈祷だけでなく、写真撮影や着物レンタル、食事等を提供している神社も有る。
例を挙げると、神戸市の生田神社の七五三パックは、特別祈祷・着物・着付け・食事で38,000円である。
京都の平安神宮では、貸衣装・着付け・祈祷料込みで20,000円である。
これらもホームページで案内している神社がおおく有る為、確認しておくと良いだろう。
神社で着付けをしてくれるケースの場合、普段着のまま神社に足を運ぶ事が出きるのでべんりである。

初穂とは、その年に初めて収穫された米の事。
初穂をまず神前にささげ、豊作を感謝する風習があった事から、現状では神社に収める金銭を初穂料とよぶようになった。

神社への正式な参拝時の謝礼は、一般的に蝶結びののし袋に入れるが、婚礼の際の謝礼は結び切りに成る。
間ちがえないようにして欲しい。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ