七五三のお祝いを贈るケースの場合、金額の相場は3,000円から5,000円、親戚等ごく親しい間柄なら5,000円から20,000円くらいものである。
水引は紅白で蝶結びのものを選定して欲しい。
表書きには、御祝、七五三御祝等を記述して欲しい。
3歳なら「御髪置御祝」、5歳の男の子は「御袴着御祝」、7歳の女の子は「御帯解御祝」と記述する事も有る。
お祝いは子供の健康を願を掛けての養育費として現金を贈るのが一般的である。

子供の発達祝い(七五三や初節句、入園、入学)は一般的にはお返しは不必要である。
お礼状や、それにスナップ写真を添えて送ると喜ばれるだろう。
七五三のお祝いのお返しを贈るケースの場合の表書きは、上段は内祝、下段は子供の名まえを記述する。
水引は紅白の蝶結びである。
お返しを贈るのではなく、御祝いの席を設け、祖父母を招待するのも良いだろう。
地域に拠っては、赤飯や千歳飴を配るケースの場合も有る。

水引には、蝶結びと結び切りの結び方が有る。
蝶結びは、両端を引くとほどけて何回でも結べる事から、何回くりかえしても良いお祝いに用いれる。
七五三や出産祝いに用いれる。
結び切りは、1度連結すると2度とほどけない事から1度切りと云う意味で、2度とあってはならないケースの場合に用いれる。
結び切りには、真結びと、あわび結びが在り、結婚祝い、弔辞、病気見舞い等に用いれる。
七五三のお祝いを贈る時には、水引の結び方を間ちがえないようにして欲しい。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ