七五三は11月15日にお祝いする行事である。
なぜ11月15日なのだろうか。
七五三が11月15日になった由来は三代将軍徳川家光と云われている。
虚弱であった四男徳松(後の五代将軍綱吉)の、5歳のお祝いものである袴着(はかまぎ)の儀を、1650年(慶安3年)11月15日に大々的に行ったと云う説が有る。
この日は、当事使用されていた暦である宣明暦(せんみょうれき)による「鬼宿日」(きしゅくにち)だった。
鬼宿日は二十八宿(月の通り道にある28の星座)の中で最良の日とされており、本日の大安吉日の元祖とも云われている。
「宿」とは中国で誕生した星座の事である。
月が鬼宿にあった時、お釈迦様が誕生したと伝達できている事から、1番縁起が良いとされているようである。
家光公が我が子をおもう心が庶民に伝わり、現代に於いても11月15日に七五三のお祝いが実行される、と云われている。

また、11月は農仕事が終わり霜月祭を実践する時期で在り、旧暦の11月15日は満月でも有る。
その日が秋祭りを実践する日になった事から、子供の発達を氏神様に祈願する日となった、とも云われている。
北海道や東北地方の一部では、気候の関係から1ヶ月早く、10月15日に七五三を祝うのが慣習と為ってる。

現状は、あまり11月15日にこだわらず、家族や祖父母等の都合の良い日を選び、お祝いする事がおおくなった。
寒くなる前に、子供もが過ごしやすい日を選定してお祝いするのも良いとおもう。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ