七五三のお祝いにかかせないものは千歳飴。
子供達の千歳飴の袋を手にもった着物姿は、ほのぼのとして絵に成る。
千歳飴は、いつから七五三に用いられるようになったのだろうか。

千歳飴の由来には2つの説が有る。
1つは、元禄の頃、浅草で飴売りの七兵衛が、紅白の棒状の飴を、「千年飴」「寿命糖」と名付けて長い袋に入れ、売り歩いたのが始まりと云われる説である。
もう1つは、1615年、大阪の平野甚左衛門が江戸にでて売りはじめたと云う説である。

千歳飴は子供の長寿を願い、粘りつよく細く長い形状で、縁起の良い紅白の飴と為ってる。
千歳飴の袋にも、縁起の良い鶴亀や松竹梅が描かれ、長寿と健康を願を掛ける縁起物となった。
七五三を控えた時期の相当の神社では、この千歳飴の袋詰め仕事が実行されてニュースや新聞等で報道されている。
この袋詰めでは千歳飴の他、祝い箸や学業成就の鉛筆、お守り等を入れているところも有る。
近年は、11月の混雑を敬遠して10月にお参りする人が増大している事から、この準備も早目に成る風潮が有る。
レンタル衣装がおおくなったため衣装を汚さないよう、長い千歳飴だけでなく、短い千歳飴も販売されている。
千歳飴を入れる袋も、鶴亀だけでなく、キャラクター等が描かれるようになった。
また、地域に拠っては、七五三のお祝い返しとして千歳飴や赤飯、菓子折りを渡すところも有る。
お祝い返し用に、のし袋入りの千歳飴も販売されている。


PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!


カテゴリ
タグ