七五三のお祝いの衣装は着物で、と考慮する人は少なくないとおもう。
年齢別の着物は下記の通りである。
参照事項として欲しい。

・3歳の男の子
羽二重(はぶたえ)の熨斗目(のしめ)模様の紋付二枚襲(かさね)に、兵児(へこ)帯、袖無し羽織を着用する。
兵児帯とは裏布のない1枚の布状の帯の事である。
草履は、鼻緒のついた平底のものを選ぼう。

・3歳の女の子
晴れ着に被布(ひふ)を羽織の代わりに着用する。
被布とは、女性の和装用コートである。
袖なしにして、女の子のお祝い着に用いられている。
草履は甲掘(こっぽり)等を履くるのだ。

・5歳の男の子
羽二重の熨斗目模様の着物と、羽織、仙台平(男子の袴地の総称)の袴を着用する。
剣や扇子も身に付けると、ぐっと男の子らしくなる。

・7歳の女の子
着物は肩上げ、おはしょり、腰上げをした本格的な衣装となる。
帯は袋帯や中幅帯を用いる。

小さい子供は慣れない服装でぐずって泣き出すケースの場合も有る。
草履も脱げてしまうケースの場合もある為、子供が動作しやすいよう、そしてころんでケガをしないよう、気を付けよう。
草履や足袋は、前もって履き慣らしておこう。
また、着物を前もって見せておき、七五三のお祝いを楽しみに待つのも良いだろう。

七五三の衣装は、レンタルを活用する家庭や、洋服でお祝いする家庭も増大している。
洋服のケースの場合、男の子ならスーツ、女の子ならワンピース等、小学校の入学式にも着用出きるものを選定すると良いだろう。
両親の服装は、父親はスーツが一般的である。
母親は和装のケースの場合、留袖か訪問着が正装、洋服のケースの場合はワンピースやスーツが一般的である。


PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。


カテゴリ
タグ