七五三は、3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子の健やかな発達をお祝いし、今後の発達を願い神社に参拝する行事である。
3歳と7歳の女の子、5歳の男の子をお祝いする地域も有る。
また、近頃は数え年、満年齢にこだわらずお祝いする事がおおくなった。
七五三は11月15日にお祝いをしていたが、近頃は15日にこだわらず、11月15日前後の土日を中心におおく七五三のお祝いが実行されている。

昔は子供が3歳まで生き延びるのはたいへんな事だった。
5歳、7歳まで生きるのは更にたいへんな事だった為、その節目に子供が無事発達した事を祝い、健やかな発達を祈る儀式が定着した、と考慮されている。
「髪置(かみおき)の儀」は、男女3歳のお祝いものである。
昔は頭髪から病気が入ると考慮されていた。
その為3歳までは男女とも髪を剃っていた。
そして、3歳を節目に髪の毛を伸ばしはじめた。
「袴着(はかまぎ)の儀」は、5歳の男の子が初めて袴を身に付けるお祝いものである。
「帯解(おびとき)の儀」は、7歳の女の子のお祝いものである。
それまで、紐で着物を身に付けていた女の子が帯で身に付けるようになったお祝いものである。
七五三は、それまで公家や武家の文化であったものが江戸時代に大衆化して、節目に神社へお参りするようになったのである。

日本では、奇数を陽数、偶数を陰数と呼び、奇数は縁起の良い数と考慮されている。
その為、元日やひな祭り等節句が奇数の重なる日と為ってる。
七五三もこういった具合に奇数の年齢を喜び、発達の節目としてお祝いするのである。


PR

専業主婦の不眠症改善方法


カテゴリ
タグ