省エネ住宅の省エネ対策の1つに屋根緑化が有る。

屋根緑化とは屋根やルーフテラスに芝生等の植物を植えて緑化する事である。

同じような方法に壁を緑化する壁面緑化が有る。


東京都や他の大都市では近年、平均気温のアップ、真夏日、熱帯夜の増加と云った現象がおきている。

これはヒートアイランド現象と云われるもので、暑さによる睡眠障害、熱中症の増加、エネルギー消費量の増大等多種多様な問題を生じさせている。


ヒートアイランド現象を生じさせる原因の一つに、会社や住宅が冷暖房を使用する事により、排出される熱が増大した事があげれる。


屋上緑化はこのヒートアイランド現象に適切な対策として注目されている。


屋上緑化は、夏は涼しく冬は暖かく室温をキープするため、冷暖房効果を高める事ができ、省エネにつながる。


かつて屋上緑化は会社や施設等特定の場所にみられるものだった。

近年、ヒートアイランド現象の深刻な東京都では、会社や施設のみならず省エネ住宅に於いても屋上緑化を取り入れる事を奨励している。


また、屋根緑化には他にもおおくの長所が有る。


一つには植物が紫外線を遮るため屋根に直接紫外線が当たらず、屋根資材への負担が減り、耐久性が飛躍的に向上すると云う事である。


そして植物が大気中のちりや二酸化炭素を吸収し、綺麗な空気をキープする事が出きる。


省エネ効果が高く、環境にも優しい屋上緑化はこれからいよいよ省エネ住宅に取り入れられていく事が待望される。





[PR]
  • ティンカーベルの子供服の新品と通販について
  • ミキハウスの新品を格安通販で買うための方法
  • ユニクロ 話題の広告とCMにかんして
  • マリメッコのカーテンの価格、インテリアと北欧ブーム

  • カテゴリ
    タグ