住宅の中でも床は居住する人の足が常に接触している肝心な部分である。

殊更に日本人は靴をはかない生活をしているため、直接足に接触する床は体感温度や健康にも大きな影響をあたえる。


省エネ住宅では壁や天井とおなじ様に床にも断熱材を入れる。

床下には地面の冷気、湿気がこもっており、その侵入を防ぐ為に断熱材は隙間無くガッツリ敷き詰める事が重要である。

床下に断熱材を入れる事は防音対策にもなる。


床面の問題にはダニやカビの生起が有る。

ダニやカビの原因となる湿気は床下の土壌から床材を通じて室内へ入る。

近年の住宅は気密性に優れているため冷暖房の効果は上がるが、他方では適切な湿度がキープしにくく加湿器や除湿機でアレンジしなければならない。

この床下の湿気を取り除くには、風がとおる為には通風を確保し、防湿フィルムを敷き詰めたり、コンクリートを打つ等の防湿対策を実践する必要が有る。


また、建築する上での対策とは別に、室内の床材や敷物に拠って省エネ効果を上げる方法も有る。


例を挙げると日本の伝統的な床材である畳は、吸湿性が高く、湿度を畳自体がアレンジしてくれる優れた床材である。

質感もよく、観た目にも落着きが有る。


カーペットやラグ等は熱の損失が少なく、冬に敷く事で床をより温かく実感させる効果が有る。

逆にフローリングや畳、茣蓙は夏には冷たく感じられ、観た目にも涼しげに成る。


床は省エネであると同時に、強度や耐久性に優れ、自然のぬくもり、肌触りのよい質感、観た目にも良い事等が求めれる。





[PR]
  • アバクロパーカーの通販とレディース、メンズ
  • アバクロの水着とメンズ、レディース、アウトレット
  • サーフブランドファッションの通販とTシャツ,水着,ハーレー
  • ベストブライダルのハワイやバリでの海外挙式の評判とクチコミ
  • 結婚式(ウェディング)のウェルカムボードの手作りとアイディア

  • カテゴリ
    タグ