省エネ住宅の断熱性を考慮するとき、窓やドア等につづいて壁も重要な対策ポイントである。

住宅の新築時やリフォーム時に壁の断熱対策をガッツリしておく事で、冷暖房の効果を高める事が出きる。


壁の断熱には外張り断熱と充填断熱が有る。


充填断熱は内断熱とも呼ばれ、柱と柱の間に断熱材を入れる方法である。

世界中のおおくの木造住宅はこの充填断熱の工法を用いており、日本でも主流と為ってる。


充填断熱では冷暖房の際に建物自体に熱を奪われないため、冷暖房効果を上げやすいと云う長所が有る。

しかし柱や梁は断熱材を入れる事が出きないため、外気の影響を受けやすく、また断熱材を分断して入れるため隙間が出きやすいと云う点が短所と云える。


外張り断熱とは外断熱とも呼ばれ、住宅の基礎から壁、屋根に至る建物全体を断熱材で外部から包んでしまう方法である。


この工法は住宅全体が断熱層の内部に入るため、夏は外気の影響をうけにくく、冬は1度温まると冷えにくいと云う長所が有る。

また結露が生起しにくく、建物の耐久性も高まり、気密性が確保出きると云う点でも近年注目を集めている。

しかし断熱材を含んだ建物全体へ冷暖房効果が上がりにくい事、外張り断熱に適する断熱材はおもったより値段が高いため、全体のコストが高くつくと云う短所も有る。


また1軒の住宅で2つの工法を組み合わせる方法も有る。


どんな工法にしても、信用出きる設計者、施工者に拠ってガッツリと工事を実践する事に拠って、質の高い省エネ住宅を建てる事が出きる。





[PR]
  • 東京ドームシティープリズムホールのバーゲンの情報
  • 千羽鶴の効果とまとめ方
  • アニメ ワンピースの主題歌一覧
  • クロスステッチのやり方
  • マリオカートwillの裏ワザや隠しキャラ、バグ

  • カテゴリ
    タグ