窓は省エネ住宅と大幅にかかわってる。

それは窓ガラスの熱伝導がよく、1番外気が侵入しやすい部分だからである。


省エネ住宅では断熱ガラスや断熱サッシを取り付けて断熱性を高める方法が効果的であるが、新築時ならともかく、既に取り付けてある窓ガラスを取り替える事は大掛かりな改修工事になり、簡単に出きる事じゃないのだ。


そこで窓を覆うための「窓掛け」を適切に活用する方法が考慮される。


窓掛けには多種多様な種類が有るが、1番おおく使用されているのがカーテンである。


カーテンは窓面積の覆い方に拠って省エネ効果はちがい、窓のガラス部分だけを覆うより、天井から床まで垂らした方が効果的である。

カーテンの上下に隙間が出きるつり方は省エネ効果を下げてしまう。


更に一重より二重の方が省エネ効果は高まる。

厚地と薄地の2枚を吊るして昼間と夜間、夏と冬で使い分ける事も出きる。

カーテンのヒダは少なくない方が窓ガラスと室内との間に出きる空気層が厚くなり省エネ効果が高まる。


ブラインドも住宅の窓でよく使用されるものである。

羽をアレンジする事で直射日光を遮断し、光や熱の量をアレンジする事が出きる。

羽に遮熱塗料が塗られたものもあり、夏は冷房効率を上げながら、明るさも確保出きる。


またブラインドとカーテンを組み合わせて使用する事もより効果的である。


和室におおく用いられる障子も省エネ効果に優れたものである。

夏場のつよい日差しを和らげ、冬は室内の空気の漏出を防ぎ暖かくキープしてくれる。

近頃では破れにくい障子紙もあり、途方もなくべんりである。


窓掛けはインテリアとしてだけでなく、試行錯誤次第では想像以上に省エネ効果を発揮するものであるためである。





[PR]
  • ロハスリフォームとライフスタイル、生活や住宅等のこと
  • 1人暮らしのインテリアの実例や写真画像
  • チタン製や法人用などの印鑑を激安に作成
  • 大塚家具横浜アウトレットの価格や限定品、掘り出し物のこと
  • 居抜き物件とは?

  • カテゴリ
    タグ