一般家庭におけるエアコンの消費電力は電気消費量全体の4割を占めると云われている。


そこで省エネ住宅では、エアコンによるエネルギーの消費量を制御する事が肝心である。


殊更に梅雨から夏には湿度が高まり、心地よい室内環境を作成する為にエアコンを活用する機会がおおくなる。


エアコンに頼らない生活をするのが1番の省エネであるが、現実にはその日の天候に拠ってはエアコンが必要なケースの場合も有る。


そこでエアコンの機種の選び方に注意する事に拠って、省エネにつなげていく方法が有る。


エアコンは店頭でも多種多様なメーカーのものが販売され、機能や性能も多様である。


まず、初めに確認するべき点は省エネラベルである。

これには省エネ性マークと省エネ基準達成率、そしてエネルギー消費効率、目標年度の4つの情報が示されている。

多機種を比較吟味する時には是が非でも参照事項にしたいものである。


機能面では自動的にフィルターの掃除をする機種が近年人気を集めている。

一般的なエアコンのフィルターはこまめに掃除をしないとホコリがたまり、冷房効果を下げてしまう。

自動掃除機能はエアコン内部を綺麗にキープする機能である。

フィルターの掃除をしなくても冷房効果をキープする事ができ、省エネだと云える。


他にも近年のエアコンは人を感知して運転をアレンジする機能や、その家庭にベストな運転を自動で実践する機能があり、無駄を省く事で省エネ効果を上げる事が待望出きるものである。


エアコンは省エネ住宅にも欠かせないものであるが、地球環境を悪化させない為にも、出きるだけ環境への負荷が多くはないものを選びたいものである。



カテゴリ
タグ