ちっぽけな島国のキプロス、正確にはキプロス共和国は、面積が9251km2のキプロス島一島からなる島である。
その大きさは、四国の半分と云っていいほどである。

しかし緑が豊かで、島の中央には、オリンポスの山を中心とした山岳地帯が拡大する。
海の幸にも恵まれ、高い生活水準をキープする国でもあるのである。


ギリシア神話にも登場する美の女神、アフロデイ(英語名 ビーナス)が誕生した地として記憶されている人も居るかも知れない。


ヨーロッパのギリシア、アフリカのエジプト、そしてヨーロッパとアジアが交差するトルコ、と云った古代文明国に囲まれた部分にある事から、ここ、キプロスは古代から文化の交流地として重要な任務を担ってきた。


その為、このちっぽけな島国にはユネスコの世界遺産が3つもあるのである。


★パフォス(文化遺産)・・・町全体が世界遺産に登録されている。
エオンの館のモザイクが超有名である。


★トロードス地方彩画教会群(文化遺産)・・・トロードスの山岳地帯に点在する9つの教会。
聖ニコラオス教会、アシム教会が超有名。
これ以外、ディオニソス館やオルフェウス館のモザイクも必見!

★キロキティア(文化遺産)・・・ラルメカ郊外に部分する新石器時代の集落跡。
円形の住居跡が復元されている。


キプロス島は、ギリシア語を談じるが、英語も殆ど通じる。
日本からの直行便はないのだが、ヨーロッパからも、エジプトからも思ったよりアクセスは容易である。


ちっぽけな島の1万年の歴史を覗いてみるのも良いのかも知れない。






[PR]
  • 結婚式ヘアアレンジの簡単な仕方・方法
  • ウエディングドレスに似合う髪型とは?
  • ペアストラップのデザインと使い方、ディズニーのキャラクター
  • 結婚式の二次会プチギフトのお勧め品と選び方
  • ウエディングケーキの配達や誕生日ケーキの配達

  • カテゴリ
    タグ