省エネ住宅では近年、シックハウス症候群が問題に為ってる。

シックハウス症候群とは、住宅の新築や改築の直後に入居した人に生じる症状で、めまいや吐き気、頭痛、倦怠感、湿疹、呼吸器疾患等の体調不良がおきるものである。

このシックハウス症候群が認知されていない頃には原因不明な症状とされ、自身の家療養等で更に症状が悪化する事があったようである。


シックハウス症候群の原因は、住宅の中の建材、家具、日用品から生起する多種多様な化学物質が考慮される。

近年の住宅は建築する際に、接着や殺虫等の目的で多種多様な化学物質を使用する。

その化学物資が室内空気を汚染し人体に入りこむのである。


殊更に気密性に優れた近年の省エネ住宅では換気が充分行われず、汚染された室内空気が留まりやすいため、シックハウス症候群の生起や悪化につながりやすいと云われる。


シックハウス症候群を生起しない為には原因物質を生活環境から排除する事が求めれる。

近年では法律でも建築材料や殺虫剤の使用を規制する等の対策を行ってる。


また日常生活の中で換気方法や日用品の選び方に注意する事も重要である。


殊更に新築や改築の当初と、高温多湿に成る夏は、化学物質の発散がおおくなる。

換気は複数の窓を解放して充分な通風を確保し、省エネ住宅では換気設備を適切に活用し計画的に換気する事が必要である。


そして室内は禁煙にし、カーテンやじゅうたん、床に塗布するワックス類、防虫剤、洗剤等の日用品は化学物質を発散するものがあるので充分注意して選定するようにする。


省エネ住宅の機能を充分発揮する為にも、化学物質は出きるだけ室内から排除したいものである。



カテゴリ
タグ