日本では現状、文化遺産が11件、自然遺産が3件、合計14件の世界遺産が登録されている。
また、自然遺産では小笠原列島、文化遺産では富士山や彦根城等、合計9件が世界遺産候補として暫定リストに登録され、世界遺産への登録を目指し、その調査とPR活動をできる限り積極的に大繰り広げている。


そもそもユネスコの世界遺産活動は、世界中の遺産を国際的な組織の枠組みのなかで保全していこうと云う取り組みである。
世界には多種多様な原因で保護が困難に為ってるところが有る。
日本ユネスコ協会連盟は、日本だけではなく、アブがニスタン、ネパール、ベトナム、パキスタン、フィリピンで、世界遺産の保護活動を行ってる。


例を挙げると、どんな活動があるのか、具体的にみてみるべきだ:

ベトナム社会主義共和国では、2005年3月?2005年9月にかけて、ベトナム・ユネスコ国内委員会と協力し、ベトナムのファンニャ・ケバン国立公園(2003年に自然遺産として世界遺産リストに登録)のもつ優秀な価値を観光客や地元に人びとに気付いてもらうためのパンフレットを663,000円の支援額をもって、制作、配布した。


また、アフガニスタンのバーミヤン渓谷では、2004年に着工、2005年には保存・修復技術研修センターを完成し、[人材の育成]に取り組みはじめた。


勿論日本でも、日本で初めて世界遺産として登録された自然遺産の1つである、[白神山地]で2005年4月?2006年3月に、植栽活動を大展開した。
白神山地とその周辺の山地を未来へ引き継いでいく事を目指した活動である。


世界遺産リストへの登録の本当の意味は、登録後にいかにそれをキープし、未来に伝達していくか、また世界遺産と共に生活していく事に誇りをもてるようにしていくかである。
こうした持続的な活動を広く大繰り広げて欲しいものである。






[PR]
  • ウォーキング用便利グッズでダイエットする方法
  • ウォーキングダイエットの効果
  • 加圧ジムをやっている有名芸能人
  • 加圧トレーニングの口コミ、短所や料金
  • くわばたりえのコアリズムダイエットの効果

  • カテゴリ
    タグ