日射は住宅の快適さを左右する重要な条件である。


冬場は出きるだけおおく日射を取り込むと、暖房の補助的な任務を果たする。

日射そのものの熱だけではなく、日射で暖められた床や住宅全体から輻射熱に拠って室内の温かさがキープされる。

日射を直接室内に取り込む方法を「ダイレクトゲイン」といい、自然の恵みを活用した省エネ方法の一つである。


冬とは逆に、夏は日射を出きるだけ取り込まない事が冷房効果を高める。

夏の日射熱は途方もなくつよく、屋根や外壁から内部へ伝わり室内の空気やあらゆるものの温度をあげる。

更に輻射に拠って居住する人に伝わり、暑さを実感する事に成る。


断熱性の高い省エネ住宅では、1度室内に入った熱は外へ逃げにくい構造に為ってるため、日射を入れない対策が必要である。


夏に日射を室内へ入れない為には、屋根や外壁、窓ガラスの断熱性を高くする方法が有る。

近頃では、日射による熱が室内に入らないようにガラスに特殊なコーティングがしてある「遮熱ガラス」がでており、省エネ住宅等取り入れられている。


建物の軒を出したり、ひさしをつけるのも効果的である。

窓にカーテン、ブラインド、サンシェード、すだれ等をとりつける方法も冷房効果を高める事が出きる気楽な方法である。


また樹木を植えて日陰をつくり、日射を除ける事も効果的な方法である。

樹木、草花には付近の温度を下げる効果があり、涼しい風を得る事が出きる。


省エネ住宅では必要に応じて日射を取り込んだり、除けたりして冷暖房によるエネルギー消費を制御する事が肝心である。



カテゴリ
タグ