[彦根城]は、滋賀県彦根市にある国宝の城である。
現状、ユネスコの文化遺産に登録されている[姫路城]と並び、国宝に指定されている。
また、国の特別史跡でも有る。
1992年に日本の世界遺産暫定リストに登録されたのだ。


彦根城は、地理的には湖と山の間の狭い平地に立地し、東国と西国の結節点に部分する。
その為、壬申の乱、姉川の戦い、賤が岳の戦い、関が原の戦いと云った、日本史上重要な合戦が古来からこの地域で勃発しており、城郭は戦略の重要な拠点となってきた。
豊臣秀吉が石田光成を、徳川家康が井伊直正をおのおのこの地に配したのも、その地理的な重要度からである。
また、幕末の大老、井伊直弼は藩主となるまでの青春時代をこの城下町で過ごしている。
直助がその不遇の時代をすごした屋敷は、[埋木舎(うもれぎのや)]として現存している。


彦根城は、江戸時代以前に建造された天守をもつ、城郭の1つである。
このような天守は、日本全国に12ヶ所しか現存していない。
城は、連郭式平山城と云う形式をとる。
城の北側には、国の名勝として指定された、玄宮園・楽チン園と云う大名庭園が配されている。


国宝に指定されている天守をはじめとして、国の重要文化財に指定されているものがおおく、重要文化財としては珍しい馬屋も有る。


数相当の映画やドラマのロケ地として活用された事で、気付いている人も少なくないのじゃないだろうか。
例を挙げると、≪武士の一分≫や≪大奥≫にも登場している。
2006年には、日本の100名城の50番目にも選定されたのだ。






[PR]
  • ホテル リッチモンド博多(駅前)の口コミ・評価
  • リッチモンド松本の立地、料金、客室
  • 宿泊施設リゾナーレ小淵沢の口コミ
  • リゾート会員権の時価、売買、売却等
  • 楽天トラベルやじゃらんでも人気のエアラインホテル

  • カテゴリ
    タグ