住宅に植栽を取り入れる事で多種多様な省エネ効果を得る事が出きる。


夏にはつよい日射を遮ると同時に、屋外の温度を下げる効果があり、涼風、清風を得れる。

冬に葉が枯れ落ちる落葉樹なら、冬には日射を活用出きる。

1年中室内を快適温度に近づけ、冷暖房によるエネルギー消費を制御する事が出きるのである。


植栽を実践する時には樹木の選定に気を付ける必要が有る。


常緑樹は、夏にはつよい日差しを遮り涼しさをもたらすが、冬には温かい日差しを遮ってしまう。

南向き、東向き、西向きの窓の周囲には落葉?が適し、殊更に南面には藤棚等で日陰をつくる事も効果的である。


北向きの窓の付近には、冬の間の防風や目隠しに適切な常緑樹が適している。


また樹木の成長に結びつく枝葉の広がりや高さを予測して、住宅の植栽場所に適しているか決断して樹木を選定する事も肝心である。


植栽の中でも屋上緑化や壁面緑化は近年省エネ住宅として注目が集まってる。


これは屋根や壁面、ルーフテラスに芝生等の植物を植えて緑化する方法である。

緑化は断熱効果があるため、夏は涼しく冬は暖かく室温を保ち、冷暖房効果を高める事が出きる。


そして緑は温室効果ガスであるCO2を吸収するため環境にもやさしく、近年都市部で問題と為ってるヒートアイランド現象の緩和(かんわ)に役立つ。


植物は生き物であり、植栽や屋上、壁面の緑化には、水やりや雑草の抜き取り、枝葉の手入れ等の手間がかかるものである。

しかし環境にやさしく、視覚的にも心理的にも居住する人に良い影響をあたえるもので、これからおおくの省エネ住宅にできる限り積極的に取り入れられる事が望まれる。



カテゴリ
タグ