小学校への入学が正式に決定すると、入学通知書がその学校から届く。

この入学通知書をもって、入学が許可されたと云う事に成るのである。

とはいえ、公立の小学校に通うケースの場合は、あまり気にする必要はないだろう。

基本的には、学区内の子供には絶対に届くものである。


問題は、引越し等が絡むケースの場合である。

入学の直前、引越しをすると云うケースの場合は、本来通うべき引越し先の学校ではなく、現状地の学区内の小学校から入学通知書が届くかとおもう。

このケースの場合は、遅れて入学通知書が新たに届く。

通常、入学通知書は1月末に送れるが、引越しをするケースの場合は3月中旬あたりに成ると、引越し先の学校から通知書が届く事に成るだろう。

であるから、このケースにかんしてもそれほど懸念はいらない。

尚、事前に送られた引越し前の区域の学校の通知書にかんしては、無効となるのでこれも殊更に問題はないのだ。

手続き等を実践する必要もないのだ。


ただ、手続きが必要なケースも有る。

それは、3月下旬に入ってから引越しをするケースである。

住民票のシフトがこの時期まで遅れたケースの場合は、郵送では間に合いない。

その為、住民票のシフトを実践する区域にある区役所の市民課等で、直接入学通知書を受け取れるように申請しなくてはならない。


私立のケースの場合は、お受験に合格した子供のいる家庭に通知書が届く事に成る。

ある意味、大学等と同じようなドキドキ感があるので、末永く届かないケースの場合は途方もなく懸念に成るだろう。

もし2月になっても届かないケースの場合は、その学校のホームページ等で確認するか、電話で直接確認する等してみて欲しい。





[PR]
  • サイバーFXの評判
  • 円ドル換金出きる場所
  • 円レートと海外通貨、為替、予測
  • ソフトウェアの経費処理と期間費用の金額
  • ソニー学資保険が大評判の秘密

  • カテゴリ
    タグ