おトイレに1人で足を運べない、と云うのは、せいぜい幼稚園までと考慮する親御さんも少なくないだろう。

現実、子供の殆どは、保育園の段階で少しずつ1人でトイレに足を運べるように成る。

幼稚園を卒園し、小学校に入学する頃には、大抵1人で大丈夫だろう。

であるが、幼稚園までと小学校とでは、おトイレに足を運ぶ環境が途方もなく異なる。


小学校でおトイレに足を運ぶケースの場合、まずトイレの場所をおぼえておく必要が有る。

幼稚園のケースの場合、基本的には先生に申告し、連れて行ってもらうと云うパターンが少なくないだろう。

そのうちに慣れてきて、1人でも足を運べるように成る。

家でも同じである。

初めは親が連れて行き、少しずつ慣れてきたら自身で、となる。

ただ、小学生のケースの場合、初めから先生が連れて足を運ぶ事は殆どないのだ。

勿論、トイレの場所は初めのうちに先生が教えるだろうが、其の後は1人で足を運ぶ事に成る。

早い段階で、慣れる前から1人で足を運ぶとなると、けっこう勝手がちがう。

これに慣れさせる為には、入学前に1度も行った事のないデパート等の施設や公衆便所で、おトイレに1人で行かせてみる等の訓練をすると良いだろう。


また、授業中にトイレに行きたくなった時の対処も、早目に教えておこう。

手を上げて[先生、トイレに行っても良いのであるか?]と聴くようにさせると云う事である。

ただ、さすがに女の子はむずかしいかとおもう。

女の子のケースの場合は、朝、休み時間、昼休み等にトイレに行っておくように言い聞かせておこう。





[PR]
  • ヒルトン小田原リゾート&スパの口コミ(クチコミ)や評価
  • カーフェリーの航路と料金
  • アルトナとプロイセン、ナチスドイツ、カールライネッケ
  • カンタベリー物語、大主教座
  • スーツケースのサイズや大きさの選び方

  • カテゴリ
    タグ