省エネ住宅では冷暖房に頼りすぎない生活が望まれる。


自然の風を室内へ取り入れる事に拠って室内の温度や湿度をアレンジし、心地よい室内環境をキープする事は体にもよく、省エネにも効果的である。


風通しにはまず、窓を解放した時に自然の風が入りやすい環境する事が必要である。

間取りを決定させる時には、建物や庭の植栽が風を妨げないように窓を配置する。


高断熱、高気密の省エネ住宅では夏の暑さが室内にこもりやすいと云われるが、風通しを確保し、風と一緒に暑さを逃がす事で解決出きる。


窓の大きさや方位も風通しの良し悪しを決定させる重要な条件である。


基本的に南面に大きな窓、東、西、北には必要最小限の大きさの窓を設置する。

窓を大幅にすると熱損失が大幅になるため、日射を得る窓以外は風がとおる最小限の大きさにとどめる事が省エネにつながる。


そして風の入口と出口をあらかじめ考慮し、2面以上の壁に窓を配置する事も重要である。


近頃では解放感を高める目的で玄関やリビングに吹き抜け空間を設ける住宅が増大している。

これは風通しの面から適切な方法で、殊更に夏は涼しいと云う長所が有る。


吹き抜けの壁に大きな窓を設ける事で光による明るさと熱も待望出きる。


吹き抜けの風通し効果を最大最高限に発揮する為には1階から吹き抜けの窓へ空気が流れるよう、窓や換気扇を試行錯誤する事が必要である。


しかし冬には暖かい空気が吹き抜け上部にたまり、1階の床面の温度が下がると云う問題が生じる。

空間全体を均一な温度に接近させる為には、屋根や壁の断熱をガッツリ実践すると同時に、天井扇で空気を循環させる等の方法をあらかじめ考慮しておく事も重要である。



カテゴリ
タグ