小学生にとって、ランドセルは毎日使用する途方もなく肝心な物である。

とはいえ値段的にも高いので、そう何回も買い換えると云うのは、家計上得策じゃないのだ。

同時に、あまり何回も買いあたえれば、これが当たり前と云う感覚を子供がもってしまう。

その為、教育の意味でも、家計の面からも、入学の時に[これを最後まで使いなさい]と言い聞かせておく事が大事である。

ランドセルは丈夫であるが、毎日乱暴に使用すれば壊れてしまう。

そうならないようにしつけをするには、入学の前、初めてランドセルを買いあたえた時にいかにそれをいって聞かせるかが鍵となる。


同時に、ランドセルを大事にさせる為、自身でお手入れすると云う事もガッツリ教えておこう。

これも、ランドセルに限らず、自身が使用するものを大事にしなくてはならないと云う教えにつながる。

ランドセルの手入れをする小学生は、他の自身の持ち物も大事に使い、時に手入れをする等、マメな性格に成るものである。


ランドセルの手入れの方法としては、汚れたケースの場合、濡れたケースの場合、革が硬くなったケースの場合の3つが殊更に挙げれる。

汚れたケースの場合は、牛革ならば革靴のクリーナー等を使用して落とすと良いだろう。

人工皮革であれば、中性洗剤で洗浄しても問題ない。

濡れた時は乾いた布で水分を拭きとり、保護クリームを塗布する等すべきだ。

人工皮革であれば、元々耐水性が優れているので、拭いて乾かすだけで問題ないのだ。


皮が硬くなったケースの場合は、油分をプラスする事でやわらかくする事が出きる。

革用のクリームを塗布すると改善されるだろう。





[PR]
  • 中古車サーフと改造用のカスタムパーツやホイール、燃費等
  • ストリートマジック110と50、メンテナンス、エンジンや燃費等
  • スパルコのレーシングスーツやヘルメット、バケットシート等
  • バイクブロスの中古販売とヘルメット、bullet、中古パーツ
  • 自動車解体の選び方

  • カテゴリ
    タグ