無事子供の小学校への入学が決定すれば、その時点から小学生に成る為の準備をはじめる事に成る。

その時、ランドセルと居並んで購入をしておく必要があるのが、筆記用具である。

筆記用具は勉強する上での必須道具であるから、絶対に買い付けていく必要が有る。

その筆記用具も含め、文房具の準備はあらかじめ親がしておかなくてはならない。


とはいえ、使用するのは子供である。

一緒に文房具店や100円店、もしくはディスカウント店等へ行き、一式選ばせると云うのも、子供の学習意欲を促進させると共に、親子のコミュニケーションにもなるので良いかとおもう。

値段を考慮すると、近頃は安く購入出きるネット通販を活用すると云う手も有る。

モニターの前に子供を呼び、選ばせてみても良いだろう。


小学校入学時に必要な文房具は、まず鉛筆とノート、消しゴム、鉛筆削りと云った基本的な筆記用具一式である。

鉛筆は初めは濃いBや2Bが良いだろう。

消しゴムは通常の≪MONO≫等のシンプルな物が好ましいのである。


これ以外にも文房具はたくさん有るが、入学時に必要な物は、あとは定規、下敷き、そして筆箱くらいのである。

定規は、初めは通常の物だけで問題ないのだ。

筆箱や下敷きはキャラクター物もおおく、子供が喜ぶアイテムである。

学校の規定がなければ子供に選ばせてあげよう。


コンパスや三角定規、分度器等は、必要になってから買い付けると良いだろう。

色鉛筆も同様であるが、赤だけは一本持たせておくと、授業の時にべんりである。

初めに全部買いあたえておくより、少しずつ買い付けていく方が、子供のモチベーション上良いかとおもう。



カテゴリ
タグ