省エネ住宅を考慮する時、何人もが取り入れやすいものに照明器具が有る。


家庭における照明のエネルギー消費量は全体の20%と云われている。

照明の省エネは毎月の電気代の節約にもなり、環境保全の為にも良い事である。


照明器具のランプには白熱灯と蛍光灯が有る。

蛍光灯はランプ代は高いものの、寿命が長いため、白熱灯より経済的と云える。

ランプの寿命が長い事は省資源でも有る。


蛍光灯は点灯時に1番おおく電力を消費すると云う特性が有る。

点け消しが多ければ寿命も短くなる。

その為長時間点灯している部屋では蛍光灯が経済的で、点け消しがたびたびくりかえされるトイレや洗面所には白熱灯が適していると云える。


こういった具合にランプの特性と設置場所の照明の使用状況に拠って、白熱灯と蛍光灯を正確に使い分ける事が経済的であり、省エネ効果をあげる事に成る。


また調光器で明るさをアレンジする事も効果的な方法である。

玄関や廊下等一晩中灯をつけておく場所に適したもので、ランプの寿命も長くなる。

本来調光可能なランプは白熱灯だけだったが、近年では蛍光灯でも調光可能なものがでている。


人の気配で自動的に点灯、消灯を実践するセンサーも省エネ効果の高いものである。

また暗くなったり一定期時間人の気配がないと、自動的に消灯したり明るさを絞る事の出きる高機能な器具もでている。


LEDも経済的で寿命が長く、省エネに効果的な次世代の光源として注目を集めている。


こういった具合に照明は日常進化しており、省エネ効果の高い器具はおおく開発されている。


省エネ住宅では適切な照明設置と無駄な照明の消灯等に配慮して省エネを心掛ける事が肝心である。



カテゴリ
タグ