多種多様な授業がある小学校では、けっこう科目ごとに多種多様な物を用意しなくてはならない。

体育もその中の一つである。

体育で必要な物と云えば、体操服と水着である。

体操服は入学後すぐ必要に成る。

入学したてであっても、体操服がないと困る事に成るだろう。


体操服は制服のない小学校にあって、ある意味制服のような物で、ほぼ例外なく学校指定の物を用意する事に成る。

入学解説会の際に購入方法にかんしては指示があるとおもうので、その指示通りに買い付けておこう。

ただ、私立の学校等では、殊更に指定がないケースも有る。

こういったケースの場合は、ジャージやスポーツウェア等を用意する必要が有る。

小学生のケースの場合、ジャージはあまり着ず、冬であっても半袖半ズボンと云うのが通常スタイルである。

動作しやすいTシャツ、短パンを用意すべきだ。


また、体育館シューズや運動靴の指定がある学校もけっこう有る。

それに従い準備すべきだ。

指定がないケースの場合は、体育館では上履きをそのまま使用するので問題はないのだ。

運動靴にかんしては、通学に使用する靴をスニーカー等にしておけば、そのまま使用出きる。

また、紅白帽もよく指定されるので、指定されたケースの場合は買い付けておこう。


また、小学校の体育の授業では、夏に成るとプールに入る。

よって水着や着替えに使用する巻きタオル等が必要である。

水着は基本的には指定のスクール水着であるため、入学時に慌てて買い付ける必要はないのだ。

夏に成る少し前に学校側から指示が出されるとおもうので、その際に購入すべきだ。

指定の水着がなく、自由の学校のケースの場合は、あまり派手にならない水着が好ましいものだろう。

また、水泳帽も必須である。

水中メガネは必要に応じて水着と同じタイミングで購入すべきだ。



カテゴリ
タグ