小学生として、はじめて学校に通うにあたり、その通学路で必要なものと云うのはけっこう数おおく有る。

まず、通学帽である。

小学1年生が被ってる、あの黄色い帽子である。

入学時に学校から指定されていれば、それに合わせて購入すべきだ。

指定されていないケースの場合でも、目立つ派手な色の帽子を被せておいた方が、安全面をケア出きる。


入学後の通学に使用する靴は、スニーカーがお勧めである。

履きやすく、すぐ成長する足の大きさにもあるレベル対応出きる。

小学生の段階で、革靴等を履かせる必要はないのだ。

靴のケースの場合、すぐ大幅に成ると云う理由で大きめの物を用意するのは、得策とは云えない。

転びやすくなるからである。

大幅になったら、そのつど買い替えるようにすべきだ。

その為にも、あるレベル値段的に安いスニーカーがお勧めである。


また、小学生のケースの場合は運動を盛んに実践するので、動作しやすい靴が良いだろう。

そういう意味でもスニーカーはベストである。

マジックテープで留めるタイプの物が低学年の頃は1番履きやすいようである。


あるレベル他の子供より運動が得意だったり、運動が好きだったりする子供のケースの場合は、スポーツシューズの方が良いかも知れない。

靴底が若干厚めであるため、少し慣れるまでは履きづらいかも知れないが、長持ちするし、走りやすいのである。

スニーカーのケースの場合はデパートや量販店、もしくは靴屋にも売ってるが、スポーツシューズのケースの場合はスポーツ店等で買い付ける事に成る。

スポーツ向けのスニーカーもあるので、色々探し求めてみると良いだろう。



カテゴリ
タグ