来年小学校に入学を控えた子供は、その前の年の10~11月頃に、入学前健康診察を受ける必要が有る。

これは、幼稚園の年長組を対象に、区や市町村に拠って案内はがきが送られてくるので、自主的に受ける必要はないのだ。

指示に従い、受けるようにすべきだ。


入学前健康診察は、基本的には健康診察を実践する為のものであるが、それだけではなく、入学予定の学校で使用する学用品の準備解説、注文、もしくは入学時の解説等を実践する場でも有る。

実施するのが入学予定の小学校であるため、来年通う小学校に一足早く子供とやってくる機会となり、健康診察だけでなく、見学の機会にもなる。

途方もなく相当の事を気付く事が出きる時間であるため、メモ帳と筆記用具は絶対に準備しておこう。


健康診察自体、やや通常の健康診察とは異なる。

体の健康の度合いだけでなく、知能検査もここで実行されるのである。

知的障害の有無をここで検査し、必要であれば特別支援教育を案内される事に成る。


それ以外の健康診察は、内科、歯科の先生が実践する通常の健康診察である。

心音を聴いたり、虫歯の有無を調べたり等、簡単な検査のみを実践する。

視力検査は実行されないので、視力に懸念があるケースの場合は個々で眼科に足を運ぶ等対応する必要が有る。


入学前健康診察の際に実践する知能検査にかんしては、その是が非でもが現状問われている。

入学予定の子供が集まる中であえてそれを実践する必要があるのか等、多種多様な議論が交わされているようである。



カテゴリ
タグ