環境共生住宅とは、エネルギー、資源、廃棄物等の面で環境への配慮がされ、また付近の自然環境と調和し、居住する人が健康で心地よく生活出きるような試行錯誤がされた住宅の事をいいる。


この環境共生住宅が主張される背景には地球の環境問題や、資源問題、都市化による住宅環境の悪化が有る。

現状では国をあげて省エネ住宅や環境共生住宅の普及に取り組んでいる。


環境共生住宅は地球環境の保全を目的の一つに挙げている。

それには環境負荷の多くはないエネルギーを活用する事が重要になってく。

石油、石炭、ガス等の使用を減らし、自然エネルギーを適切に活用する事が一つの手段である。


そしてもう一つの目的に付近環境との親和性が有る。


住宅付近に植栽をほどこたり、住宅敷地内や屋上を緑化する事で、野鳥や虫等の生態系との共生が実現すると同時に、ヒートアイランド現象や大気汚染等の環境問題への対策としても適切である。


また、環境共生住宅の概観は周囲の景観になじむ事が肝心である。

地域の町並みに住宅を調和させる事は、視覚的、心理的に心地よい環境をつくる事が出きる。


そして3つ目の目的に居住環境の健康、快適性が挙げられている。


住宅内の有害物質が原因で生起する「シックハウス症候群」を防ぐ為にも、建材、内装材へ充分配慮する事が必要である。

また高齢化社会にともない住宅全体をバリアフリーにし、手すりを取り付ける事も一つの方法である。


環境共生住宅の実現には、多種多様な方法からおのおのの住宅に合った方法を採用していく事に成る。


環境共生住宅は、省エネに拠って環境問題の改善を目指す省エネ住宅と同時に、これから我々の住宅の基本となっていく事が待望されている。



カテゴリ
タグ