マタニティの方にとって必要な赤血球を作成するには鉄分だけじゃなく、良質な蛋白(蛋白(たんぱく))質も必要であるためである。

更に小腸で鉄分の吸収を良くする為に、良質なビタミンCと蛋白(蛋白(たんぱく))質が必要である。

貧血だからと云って、鉄分を取る為にレバーを沢山口にしてもあまり効率良く吸収されないのである。

レバーのみの1種類にかたよらずに他の鉄分を包含している食材を組み合わせて取り入れよう。

ひじきや青菜に赤身の魚や肉、豆腐、牛乳等の良質な蛋白(たんぱく)質を包括する食品を一緒に口にすると鉄分の吸収が良くなって効率良く赤血球に成る。

ドクターからのアドバイス
マタニティに成ると貧血になりやすくなる。

殊更にマタニティの中期位に成ると血液の量が増大して、赤ちゃんの為の血液も作成しないといけない為、更に貧血になりやすくなってしまう。

マタニティの貧血は、鉄が不足する事で生じる[鉄欠乏性貧血]である。

悪化させない為に鉄分をおおく包含している食品をとって、食生活による改善をすべきだ。

1日の鉄の必要量は、18歳から69歳の女性で18.5mgである。

春菊、ブロッコリー、ほうれん草、豆類、イチゴ、アボカド等に含有されている。


ビタミンにはA、B、C等相当の種類が有る。

ビタミンはカルシウムや蛋白(蛋白(たんぱく))質、鉄等の栄養素が円滑に吸収され、体内で活動するためのサポートをする。

殊更に注目して貰いたいのが、ビタミンB群の葉酸である。

赤ちゃんの脳や神経の発達に必須の栄養素で、妊娠に至る数ヶ月前から妊娠初期に成るべく積極的にとる事が肝心である。



カテゴリ
タグ