マタニティの釣り合いの良い食事の為には1日に25品目を目指すべきだ。

釣り合いよく口にする為には、多種多様な食材をとにかく少量ずつ口にしよう。

同じ良質な蛋白(蛋白(たんぱく))質を包括する肉、魚、卵も、蛋白(蛋白(たんぱく))質を作成するアミノ酸の組成はおのおのにちがうので、肉、魚、卵を口にする事で多種多様なアミノ酸を体内に取り込む事が出きる。

よく1日に30品目を口にする様に、と聴くが、なかなかどうしてむずかしいものである。

まず、25品目を目指すべきだ。

ドクターからのアドバイス
マタニティの期間赤ちゃんは胎盤からお母様の血液を通じ栄養を吸収する。

マタニティの期間にママの取る栄養が偏ってしまうと、赤ちゃんの発育の妨げに成る。

釣り合いよく口にする事が肝心である。

栄養のかたよりをなくす為には、出きるだけ多種類の食品を万遍無く取る事が肝心である。

マタニティだからと云って量的にはそれほど増やさなくても良いのであるが、量よりも質を尊重した食事をして欲しい。


マタニティになったら葉酸の不足が無いようにすべきだ。

ここ近頃、注目される様になったのがビタミンB群の一種の、葉酸であるためである。

蛋白(蛋白(たんぱく))質の代謝を助ける任務をしたり、脳や神経系の発達に於いて必須の栄養素であるためである。

殊更にマタニティに成る数ヶ月前から、マタニティの初期におおく採る事が必要である。

妊娠に気付いてからでも遅くないのだが、[ベビーが欲しいと]おもった時からなるべく積極的に取るのが理想的である。

1日の必要量は400μgである。

春菊、ブロッコリー、ほうれん草、豆類、イチゴ、アボカド等に含有されている。



カテゴリ
タグ